働く人にもっと自由を    アップデータ株式会社
Eight アップデータ株式会社Yotubeチャンネル Facebook twitter アップデータ技術ブログ

シークレットフォルダー

シークレットフォルダーは専用ファイラーにデータを収納し、保護をするソフトです。

Function動作要件

オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)

Windows 8.1 各エディション
Windows 10 各エディション

オペレーティングシステム(32ビット/64ビット、日本語版のみ)

Windows Server 2012 / 2012 R2 各エディション
Windows Storage Server 2012 / 2012 R2 各エディション
Windows Server 2016 Standard
Windows Storage Server 2016 Workgroup / Standard
Windows Server 2019 Standard / Datacenter
Windows 8.1 / 10 各エディション
※ サービスパックは最新を適用してください

CPU

Intel、AMDまたはその他メーカーのx86互換プロセッサ

メモリ

4GB以上のRAM
※ お使いのOSやソフトウェアによって必要なメモリは異なります。

ストレージの空き容量

Cドライブに100MB以上の空き容量

その他

.NET Framework3.5 以上がインストールされていること

Function制限事項

仮想化環境について

■シークレットフォルダーを作成するドライブは NTFS ファイルシステムに限ります。

■ .exe .dll .bat .com .cmd .ocx .vbs .wsh などの実行ファイルは格納できません。

アプリケーションがシークレットフォルダー内のデータを参照することはできません。

  1. 会計ソフト等でアプリケーションが参照するファイルをシークレットフォルダーの中に移動してしまうと参照できません。
  2. Excelの外部参照やAccessのリンクテーブルのように、複数のファイルで構成されるデータは、参照先がシークレットフォルダー内にあると参照できません。